VestOne編集者A

1/7ページ

VanEckが革新を牽引、ビットコインETFからRWA型NFTプラットフォームへ

投資管理会社VanEckは、非代替トークン(NFT)とデジタルアセットを扱う新しいプラットフォーム「SegMint」を発表しました。NFTとデジタル資産の制作、管理、そして交換を一元化することを目指しています。 「SegMint」は、NFTの制作や管理、売買だけでなく、デジタル資産のセキュリティ保管やトークン化に至るまで、幅広いサービスを展開します。このプラットフォームは、アート、ゲーム、スポーツ […]

Live Like A Catと今治市の新たな挑戦。地方創生に貢献するNFTプロジェクト

『Live Like A Cat』と今治ブランド戦略会議の協業プロジェクトは、地方創生の新たな可能性を秘めています。今治市をテーマにしたNFTの無料配布は、デジタル技術を活用した地域活性化のモデルケースとして、他の地方自治体にも影響を与える可能性があります。将来的には、この取り組みが地域経済の促進、新たな観光客の誘致、地域ブランドの強化に繋がることが期待されます。 LLAC公式X(旧Twitter […]

CoinbaseのAIでNFTを簡単生成が可能に!ジェネレーティブアートとの違いとは

CoinbaseのNFTマーケットプレイスが、AIを駆使した新機能「Instamint」を発表しました。この機能により、NFTの生成がより簡単になり、デジタルアートの世界に新たな可能性をもたらしているようです。 InstamintでNFT作成 Instamint機能は、ユーザーが写真や名前、NFTの説明を入力し、必要に応じてETHでガス価格を設定するだけでコレクションを作成できるようになっています […]

共創の新時代、NFTを活用した縦型WEBコミックの共創プロジェクトを開始!アイデアが採用されるとNFTがもらえる参加型コンテンツ

最近のアニメとNFT(非代替性トークン)の融合は、インタラクティブなストーリーテリングの新しい時代を告げています。みなさんもご存じの「IRI-DO」プロジェクトは、このトレンドの素晴らしい例です。ここでは、NFTホルダーが単なる観客ではなく、創造のプロセスに積極的に関わることができるんですよ。

スクウェア・エニックスから新しいNFTゲームが登場!「SYMBIOGENESIS」はDiscordコミュニティで情報交換を楽しもう

スクウェア・エニックスの「SYMBIOGENESIS」は、NFTコレクティブルアートを活用した新たな試みです。このプロジェクトでは、参加者がDiscordで情報交換を行いながらストーリーを進めていくという独特の形式を採用しています。

LINE NEXTが大型資金調達へ、NFT関連プロジェクトへの大型資金調達が続き新しい波が来るのか?

LINE NEXTが約200億円を調達し、「LINE NFT」を「DOSI」という新ブランドに統合するというニュースは、NFT(非代替トークン)市場に新たな動きをもたらしました。この出来事は、NFT市場の将来性だけでなく、大型資金調達がNFTプロジェクトにもたらすメリットにも光を当てています。

未来の組織のあり方?Web3.0の核心DAOの現在地とは

NFTなど暗号資産関連の解説記事を読んでいると、このDAOという用語が頻出することに気づきます。なかにはWeb3の核心はDAOのことだ、と指摘する人も存在しますが、これは中央集権型ではない分散型の意思決定方法そのものがWeb3の根本だという考え方に基づいた発言です。 DAOは「分散型自治組織 (Decentralized Autonomous Organization)」の略で、ブロックチェーンや […]

PLATEAU応用の情報サービス可能性とは?

PLATEAUとは国土交通省主導で進められているプロジェクトで、日本全国の都市の街並みが3Dモデル化され、オープン情報・フリー情報として提供されます。単に現状の都市を3Dモデル化することが目的ではなく、民間企業・市町村がローカルに持っているデータをこのモデルの持つ地理情報に紐づけることでデータベース化し将来の街づくりに活用するボトムアップ型・オープン型のGIS(Geographical Infor […]

メタバースを描画するゲームエンジン2種とは?

メタバースを運営する事業者としてはVRChat Inc.(VRChat)・Cluster(Cluster)・EPIC Games(フォートナイトのクリエイティブモード)など多数の組織が存在します。これら事業者はプラットフォームと呼ばれるメタバース実行環境をユーザーへ提供し、この上でユーザーが作成した「ワールド」というデータ記述された3Dの世界が動いています。メタバースプラットフォームのシステム構成 […]

意外と過疎なのか?メタバースの定員人数とは

パソコンやスマホからメタバースを訪問した人が共通して感じるのは「話題だと聞いてやって来たが、意外と参加者が少ない」ということかと思います。これはメタバースの仕組み上の制約によるもので、この制約は今後メタバースが普及するにつれ大きな課題になるポイントです。メタバースプラットフォームのシステム構成について各事業者からの情報がほとんど公表されておらず、この定員人数の課題は利用者には理解が難しい状況ですが […]

1 7