VestOne編集者A

1/6ページ

ワールドの作成から考える今後のメタバースビジネスとは?

メタバースは時間・場所・距離・物理法則に縛られることなく、頭で想像した世界を体験できる場で、その仮想世界は「ワールド」と呼ばれています。ワールド作りは専門家でないと難しいのでは?と考えがちですが、実際には無償ツールで構築可能で、利用できる3D素材も流通しており自分で作り始めるのは難しくありません。有償・無償の3D素材は、各種配付サイトで取引されており、その市場規模も拡大しています。いくつかの約束事 […]

アバターを準備してメタバースへデビューしよう

アバターと呼ばれる自分の分身の姿で仮想的な3D空間に現れ、そこで他者と会話したり共同作業したりするメタバースが、新しいコミュニケーション手段として大きな注目を浴びています。メタバースへの期待が高まる中で、必須となるアバターデータに対する需要も高くなってきており、NFTマーケットプレースでのデータ販売も行われています。これはメタバース空間に登場するためには、自分の姿の代用となるアバターを用意する必要 […]

魅力的な作品が多数!NFTクリエイター様をご紹介します

今回は、NFT界隈でご活躍されているクリエイターさんの皆さまをご紹介させていただきます。素敵な作品がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてください。OpenSeaへのリンク、Twitterへのリンクも載せております! @Crypter00 様 作品名:Mad Bananas Connection 作品説明:「あなたの隣に、madなバナナを、おひとつどうぞ!」をキャッチフレーズにしたジェネレーテ […]

メタバースで求められるのは臨場感!アバター用カスタムアイテムも多数登場

最近よく耳にすることが多いメタバースは、次世代コミュニケーションツールとして期待されており、期待の反映として、IT分野各社が開発投資を加速させている状況です。今回はメタバースの魅力やOpenSeaで販売されているアバターのアパレル商品について、ご紹介いたします。 メタバース向け投資の事例 メタバース投資を計画する会社には、巨大テック企業が多いですが、そのバックボーンは様々であり、3D等のVRゴーグ […]

人には出せない魅力!?AIアートはどのように生成されるのか

最近、AIが人間に代わって絵や画像を出力するというニュースを見かけることがあり、NFTマーケットプレースOpenSeaにも、部分的にAI描画を採用したと説明するアート作品が販売されています。 今回はそんなAIアートについて、ご紹介していきます。 Open Seaに出展されているAIアート コレクション「Explosion of Color by AIIV」(https://opensea.io/c […]

NFT市場でのクリエイティブコーディング映像の成長期待とは

NFT市場では、現在イラスト作品が売買の中心ですが、その他、音響・映像を組み合わせたメディア作品も登場し始めています。静止画像からメディア作品へといったリッチ化はどのジャンルのコンテンツでも起きてきた現象なので、NFT市場でも同様の現象が起こる可能性がありそうです。 映像作品は画廊など既存のモダンアート市場では取り扱いにくい形式の商品でしたが、NFT市場はブラウザで参照するためメディア作品の展示・ […]

NFTアートの次はメタバース!? アバタービジネスは新しい投資対象になるのか?

インターネット上の仮想空間でユーザー同士がコミュニケーションをとったり、コンテンツを楽しんだり出来る「メタバース(Metaverse)」。 近年ではNFTやブロックチェーンを活用したメタバースなども増えるなか、フェイスブック(Facebook)が社名を「Meta(メタ)」に変更し、メタバースを事業の柱にすると発表するなど、その活用についてはますます議論が活発になっています。

実車よりも高価になった「GT-R NFT」のお値段なんとおよそ2億6000万円!現実のものを所有するNFTが登場

代替不可能なトークンとして、デジタルデータに資産価値を付与するNFT。様々なアート作品やブロックチェーン技術を用いたゲームなど、幅広い分野のデジタル資産が市場で取引される中、現物の権利のNFT化も活性化しています。

現実の“お宝”がNFTになるマーケットプレイス「4K」が始動!物理アイテムを所有するためのNFT

2021年9月、物理的商品のNFT化を実現するマーケットプレイス、「4K」NFTプラットフォームがスタートしました。2か月前にコンセンシスから300万ドル(約3.3億円)の資金調達をおこなって話題となった4Kですが、いよいよローンチとなりました。

1 6