2021年10月

高騰し続けているEthereumのガス代(NFT取引手数料)を抑える3つの方法

ビットコインの仮想通貨プラットフォームは決済・送金に特化しているのに対し、ethereumは「スマートコントラクト」と呼ばれる汎用性の高いプログラムで実現しています。そのためプログラムを差し替えるだけで新しいサービスを追加することができ、決済・送金機能だけではなく、NFTのような別の機能をethereum上で動かすことができます。 スマートコントラクトを動かす・トランザクション送信する・マイナーに […]

新しいNFT好きな方必見!新規公開のCollectiblesをいち早く見つける方法とは?

NFTの盛り上がりが下火になっている?2021.09頃からそんな記事が出始めました。こんな時こそお気に入りのNFTを入手するチャンスかもしれません。今回は新規公開のCollectiblesを誰よりも早く見つける方法をご紹介いたします。 今こそNFT購入のチャンス? 世界最大のNFTマーケットOpenSeaのデータを確認すると、確かにNFT の 取引額, トランザクション数は8月後半をピークに減少傾 […]

NFTがたった4文字のテキストに3,000万円の価値をつけるのは何故か。NFTバブルはいつまで続く?

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)ブームが続くなか、2020年におけるNFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)への投資額は前年比299%増となり、2021年に入ってもその勢いは増しています。NFTバブルともいえるこの状況は、一体いつまで続くのでしょうか?

地方公共団体向けNFT事業は地方創生にどのような影響がある?おすすめサービス3選をご紹介

世界中で注目されているNFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)を利用するのは一部のコレクターや事業者にとどまらず、今や地方公共団体がNFTを利用する取り組みも見られるようになりました。この記事では、地方公共団体向けNFT事業の特徴や、おすすめのサービス3選をご紹介します。

どこを使っていいかわからない方必読!NFTマーケットプレイスの特徴比較

NFTを売買するには、NFTマーケットプレイスと呼ばれる取引市場で自分用のアカウントを作成し、入出金・経費支払い用のウォレットアドレス(お財布口座)を登録した上でNFT作品の売買を行います。アカウントでは購入したNFT作品の管理や再販売する機能も用意されています。 そんな中、現在多くのNFTマーケットプレイスが乱立し、同業他社との差別化のため作品の質・傾向・決済方法等、運営に工夫が加えられています […]

もうNFTは怖くない。OpenSeaテストネットでNFTの世界を体感してみる。~第三弾 オリジナル作品をNFTで出品~

第三弾となりました「NFTの世界を体感してみる」は今回の記事で最終回となります。 第一弾の記事はコチラ⇒ https://nft-guide.jp/2021/09/16/post-1236/ 第二弾の記事はコチラ⇒ https://nft-guide.jp/2021/09/30/post-1274/ 前回の記事まででOpenSeaでNFTの購入、販売が出来るようになってきたところで、オリジナル作品 […]

大手ECプラットフォーム「Shopify」でNFTが買える!既存のNFTマーケットプレイスにどのような影響を与えるのか

大手ECプラットフォームのShopify(ショッピファイ)は7月27日、NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)の販売機能を追加することを発表しました。この記事では、ShopifyでのNFT取引の特徴や実際に販売されたNFT、NFT市場に次々と参入するECプラットフォームについて解説します。 Shopifyは世界有数のECプラットフォーム そもそもShopifyとは世界有数 […]