アート

1/3ページ

VanEckが革新を牽引、ビットコインETFからRWA型NFTプラットフォームへ

投資管理会社VanEckは、非代替トークン(NFT)とデジタルアセットを扱う新しいプラットフォーム「SegMint」を発表しました。NFTとデジタル資産の制作、管理、そして交換を一元化することを目指しています。 「SegMint」は、NFTの制作や管理、売買だけでなく、デジタル資産のセキュリティ保管やトークン化に至るまで、幅広いサービスを展開します。このプラットフォームは、アート、ゲーム、スポーツ […]

Live Like A Catと今治市の新たな挑戦。地方創生に貢献するNFTプロジェクト

『Live Like A Cat』と今治ブランド戦略会議の協業プロジェクトは、地方創生の新たな可能性を秘めています。今治市をテーマにしたNFTの無料配布は、デジタル技術を活用した地域活性化のモデルケースとして、他の地方自治体にも影響を与える可能性があります。将来的には、この取り組みが地域経済の促進、新たな観光客の誘致、地域ブランドの強化に繋がることが期待されます。 LLAC公式X(旧Twitter […]

CoinbaseのAIでNFTを簡単生成が可能に!ジェネレーティブアートとの違いとは

CoinbaseのNFTマーケットプレイスが、AIを駆使した新機能「Instamint」を発表しました。この機能により、NFTの生成がより簡単になり、デジタルアートの世界に新たな可能性をもたらしているようです。 InstamintでNFT作成 Instamint機能は、ユーザーが写真や名前、NFTの説明を入力し、必要に応じてETHでガス価格を設定するだけでコレクションを作成できるようになっています […]

魅力的な作品が多数!NFTクリエイター様をご紹介します

今回は、NFT界隈でご活躍されているクリエイターさんの皆さまをご紹介させていただきます。素敵な作品がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてください。OpenSeaへのリンク、Twitterへのリンクも載せております! @Crypter00 様 作品名:Mad Bananas Connection 作品説明:「あなたの隣に、madなバナナを、おひとつどうぞ!」をキャッチフレーズにしたジェネレーテ […]

人には出せない魅力!?AIアートはどのように生成されるのか

最近、AIが人間に代わって絵や画像を出力するというニュースを見かけることがあり、NFTマーケットプレースOpenSeaにも、部分的にAI描画を採用したと説明するアート作品が販売されています。 今回はそんなAIアートについて、ご紹介していきます。 Open Seaに出展されているAIアート コレクション「Explosion of Color by AIIV」(https://opensea.io/c […]

NFTアートの次はメタバース!? アバタービジネスは新しい投資対象になるのか?

インターネット上の仮想空間でユーザー同士がコミュニケーションをとったり、コンテンツを楽しんだり出来る「メタバース(Metaverse)」。 近年ではNFTやブロックチェーンを活用したメタバースなども増えるなか、フェイスブック(Facebook)が社名を「Meta(メタ)」に変更し、メタバースを事業の柱にすると発表するなど、その活用についてはますます議論が活発になっています。

【YouTubeとNFT】YouTubeが2022年 NFTやメタバースを導入を発表 ヒカキン氏のNFTも クリエイターの新たな収益となる可能性について解説

(当記事は2022年02月21日に作成されました。) web3.0という言葉を皆さんはご存じでしょうか?web3.0とは「分散型」のネットワークを指します。 これまでのいわゆるweb2.0ではSNSを中心として双方向のやり取りが主流でした。 そういったサービスを提供するGAFAを中心とするインターネットの中心機関が人々の情報が集約化しまっており非常にリスクのある現状となっています。 そこでブロック […]

1 3