ビジネス

1/2ページ

NFTはビジネスへの転換期を迎えたのか。メタバースやマーケティングへの活用も始まる

暗号資産(仮想通貨)への投資ブームが落ち着くと同時に、NFTの流通価格も下落し始めています。そんななか、市場の落ち着きをビジネスチャンスと捉え、顧客獲得などを目的としてNFTをビジネスで活用する動きが強まっています。

持続可能なNFTとは?SDGsにも取り入れられるNFTの可能性

デジタルデータに資産価値を付与し、代替不可能なトークンとする「NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)」。 アートやゲーム、ファッションアイテムなど様々な分野から注目を集め、浸透してきた印象のあるNFTに現在「SDGs」という新たな動きが見られているようです。

PolygonがColexionへ投資、インドのNFTマーケットは規制のなか着々と進化中

「Ethereum(イーサリアム)」が抱える、ユーザー過多による処理遅延や手数料高騰といったスケーラビリティ問題を解決するために作られたプロジェクト「Plygon(ポリゴン)」は、NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)マーケットプレイス「Colexion」への投資を行いました。

競走馬の所有権NFT『Maxima』、現実の資産をNFT化して稼げるプラットフォーム

競走馬の所有権のNFTが取引されるMaximaは、NFTを活用した世界初のブロックチェーンベースの競走馬所有権取引所であるとのこと。NFTを発行する際に最もよく利用される規格「ERC-721」と、複数種類のトークンをまとめて扱うことに焦点を当てた規格「ERC-1155」により、競走馬をNFT化するようです。

Wallstreetbets(ウォールストリートベッツ)がダイヤモンドハンズNFTを15000部発行。購入は抽選制で購入特典についても

(当記事は2021年11月10日に作成されました。) アメリカの巨大掲示板raddit(ラディッツ)に存在する個人投資家たちの集まり 「Wallstreetbets」 富も権利も持たない個人投資家たちがゲームストップ株騒動で大いに注目を集めました。 Wallstreetbets(ウォールストリートベット)とは何か?やゲームストップ株事件について詳しくはこちらか↓ 個人投資家集団Wallstreet […]

個人投資家集団Wallstreetbets(ウォールストリートベット)とは何か【ゲームストップ事件】

皆さん、「Wallstreetbets」という言葉をご存じでしょうか。 ゲームストップ事件というニュースでこの言葉を目にした方もいらっしゃるかもしれません。 今回は、「Wallstreetbets」とは何かを始めて目にする方でもわかるように記事を記載していきます。 Wallstreetbets(ウォールストリートベット)とは何か 一言で説明すると、「Wallstreetbets」とは、個人投資家た […]