事例

1/5ページ

人には出せない魅力!?AIアートはどのように生成されるのか

最近、AIが人間に代わって絵や画像を出力するというニュースを見かけることがあり、NFTマーケットプレースOpenSeaにも、部分的にAI描画を採用したと説明するアート作品が販売されています。 今回はそんなAIアートについて、ご紹介していきます。 Open Seaに出展されているAIアート コレクション「Explosion of Color by AIIV」(https://opensea.io/c […]

NFT市場でのクリエイティブコーディング映像の成長期待とは

NFT市場では、現在イラスト作品が売買の中心ですが、その他、音響・映像を組み合わせたメディア作品も登場し始めています。静止画像からメディア作品へといったリッチ化はどのジャンルのコンテンツでも起きてきた現象なので、NFT市場でも同様の現象が起こる可能性がありそうです。 映像作品は画廊など既存のモダンアート市場では取り扱いにくい形式の商品でしたが、NFT市場はブラウザで参照するためメディア作品の展示・ […]

NFTアートの次はメタバース!? アバタービジネスは新しい投資対象になるのか?

インターネット上の仮想空間でユーザー同士がコミュニケーションをとったり、コンテンツを楽しんだり出来る「メタバース(Metaverse)」。 近年ではNFTやブロックチェーンを活用したメタバースなども増えるなか、フェイスブック(Facebook)が社名を「Meta(メタ)」に変更し、メタバースを事業の柱にすると発表するなど、その活用についてはますます議論が活発になっています。

  • 2022.03.15

【Axie Infinity】アクシーインフィニティ半年やってみた収益を完全公開+アクシー売買方法の解説

(この記事は2022年03月15日に作成されました。) 去年の夏まで私は「NFT」という単語を知りませんでした。 「NFTゲームについてのブログを書いてくれ」 そう友人に頼まれるまで、 NFTについて全くの素人だった私は最もユーザの多いNFTゲームである 「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」 をプレイして、その内容を記事として書くことになりました。 アクシーインフィニティについ […]

東京が「トーキョー」になった?有名企業も参入するメタバースから発信される新しい文化の形

NFTを活用したオープンメタバース上の文化都市「メタトーキョー」で、世界最大の取引量を誇るNFTアートなどが展示されるプロジェクトが実施されました。この記事では、「メタトーキョー」の詳細や、メタバース事業にすでに参入している有名企業をご紹介します。

【NFTメタバースゲーム】Decentraland (ディセントラランド)とは?始め方、遊び方、操作方法ついて解説します

(この記事は2022年01月24日に作成されました。) 旧Facebook社が会社名をメタに変えるなど、近年大きく注目されているメタバース。 メタバースとはVR(仮想)空間のことであり、このメタバースとNFTとは親和性が高いものとなっています。 メタバースゲームとして人気なのは「The sandbox」です。 「The sandbox」 についての詳しい記事はこちらからどうぞ ↓ sandboxと […]

1 5