メタバース

1/2ページ

メタバースで求められるのは臨場感!アバター用カスタムアイテムも多数登場

最近よく耳にすることが多いメタバースは、次世代コミュニケーションツールとして期待されており、期待の反映として、IT分野各社が開発投資を加速させている状況です。今回はメタバースの魅力やOpenSeaで販売されているアバターのアパレル商品について、ご紹介いたします。 メタバース向け投資の事例 メタバース投資を計画する会社には、巨大テック企業が多いですが、そのバックボーンは様々であり、3D等のVRゴーグ […]

【NFT月間ランキング】2022年04月 NFT売上ランキング1~15位紹介 今月の特集 BYACメタバースNFT「Otherdeed」とは

(この記事は2022年05月09日に作成されました。) 2022年04月のNFTの売り上げをランキング形式でご紹介していきたいと思います。 2022年04月09日~05月09日の期間、NFT全体の売り上げ(ETH取引量) 1~15位でランキング化して紹介しています。 また今月の大きく売り上げを伸ばした注目のNFTについても解説していきます。 今月は大人気NFTのBAYC発のメタバースプロジェクト「 […]

人気メタバースとNFTが新しいビジネスを生み出す。データに価値をもたせて価値を生む方法

昨今人気が集まっているメタバースとNFT。この2つを組み合わせて、仮想空間自体に価値を持たせることで、新しいビジネスが生まれています。この記事の前半では、次々と登場する新しいメタバースを紹介し、後半ではメタバースの「土地」にフォーカスした新しいビジネスの形に迫っていきます。

NFTアートの次はメタバース!? アバタービジネスは新しい投資対象になるのか?

インターネット上の仮想空間でユーザー同士がコミュニケーションをとったり、コンテンツを楽しんだり出来る「メタバース(Metaverse)」。 近年ではNFTやブロックチェーンを活用したメタバースなども増えるなか、フェイスブック(Facebook)が社名を「Meta(メタ)」に変更し、メタバースを事業の柱にすると発表するなど、その活用についてはますます議論が活発になっています。

実車よりも高価になった「GT-R NFT」のお値段なんとおよそ2億6000万円!現実のものを所有するNFTが登場

代替不可能なトークンとして、デジタルデータに資産価値を付与するNFT。様々なアート作品やブロックチェーン技術を用いたゲームなど、幅広い分野のデジタル資産が市場で取引される中、現物の権利のNFT化も活性化しています。

【YouTubeとNFT】YouTubeが2022年 NFTやメタバースを導入を発表 ヒカキン氏のNFTも クリエイターの新たな収益となる可能性について解説

(当記事は2022年02月21日に作成されました。) web3.0という言葉を皆さんはご存じでしょうか?web3.0とは「分散型」のネットワークを指します。 これまでのいわゆるweb2.0ではSNSを中心として双方向のやり取りが主流でした。 そういったサービスを提供するGAFAを中心とするインターネットの中心機関が人々の情報が集約化しまっており非常にリスクのある現状となっています。 そこでブロック […]

東京が「トーキョー」になった?有名企業も参入するメタバースから発信される新しい文化の形

NFTを活用したオープンメタバース上の文化都市「メタトーキョー」で、世界最大の取引量を誇るNFTアートなどが展示されるプロジェクトが実施されました。この記事では、「メタトーキョー」の詳細や、メタバース事業にすでに参入している有名企業をご紹介します。

メタバースが新たな不動産資産になるかもしれない。NFT関連で高騰するデジタル上の土地を解説

旧Fecebookが社名をMeta(メタ)に変更したこともあり、急速に注目を集めた「メタバース」。最近では、メタバースに存在する土地の取引が活発になっています。この記事では、メタバースの土地が高額で取引された事例や、メタバースとNFTの関連についてご紹介します。 メタバースの土地を売買すると儲かるのか ここでは、そもそもメタバースの土地とはどのようなものなのか、そしてどれほど儲かるのかに迫っていき […]