廣瀬優香

1/6ページ

人気メタバースとNFTが新しいビジネスを生み出す。データに価値をもたせて価値を生む方法

昨今人気が集まっているメタバースとNFT。この2つを組み合わせて、仮想空間自体に価値を持たせることで、新しいビジネスが生まれています。この記事の前半では、次々と登場する新しいメタバースを紹介し、後半ではメタバースの「土地」にフォーカスした新しいビジネスの形に迫っていきます。

東京が「トーキョー」になった?有名企業も参入するメタバースから発信される新しい文化の形

NFTを活用したオープンメタバース上の文化都市「メタトーキョー」で、世界最大の取引量を誇るNFTアートなどが展示されるプロジェクトが実施されました。この記事では、「メタトーキョー」の詳細や、メタバース事業にすでに参入している有名企業をご紹介します。

メタバースが新たな不動産資産になるかもしれない。NFT関連で高騰するデジタル上の土地を解説

旧Fecebookが社名をMeta(メタ)に変更したこともあり、急速に注目を集めた「メタバース」。最近では、メタバースに存在する土地の取引が活発になっています。この記事では、メタバースの土地が高額で取引された事例や、メタバースとNFTの関連についてご紹介します。 メタバースの土地を売買すると儲かるのか ここでは、そもそもメタバースの土地とはどのようなものなのか、そしてどれほど儲かるのかに迫っていき […]

メタバースに必須のNFTは次世代の流通革命を起こせるのか。あらゆるものがデジタルでつながる時代へ

旧Facebookが社名をMeta(メタ)にしたことで、2021年に急速に注目を集めた「メタバース」。同様に2021年に大きく注目されたNFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)をメタバースで活用することで、新しいサービスが誕生しています。

オリジナルNFTアバターを生成できる「BALLERZ」、Flowチェーン上にローンチ

数多くのNFTゲームを展開するDapperLabs社が開発したブロックチェーン「Flow」上に2021年11月、オリジナルNFTアバターを生成できるサービス「BALLERZ」がローンチされました。この記事では、BALLERZの特徴や、DapperLabs社がこれまでに開発してきたNFTゲーム、日本国内におけるNFTアバターの活用事例などをご紹介します。

1 6